ささぐり紀行

(第30回) 金色(こんじき)のタイムカプセル 前編

記事No 00039

(第30回) 金色(こんじき)のタイムカプセル 前編

日本各地には様々な遺跡がありますが、そんな古代の文物の中には、人の手により将来の目覚めを意図して埋められたものも存在します。
そのひとつに経塚(きょうづか)、経筒(きょうづつ)と呼ばれるものがあります。
前編では、経塚が造られるようになった背景について触れてみたいと思います。
次回の後編では、篠栗町の向ノ山で発見された経塚について解説します。
なお、向ノ山経塚からの出土品一式は、歴史民俗資料室2階の常設展示室に展示中です。

 

 

ささぐり紀行PDF版

ささぐり紀行の詳しい記事内容は、右のPDFファイルボタンからを無料でダウンロードいただけます。

本ダウンロードサービスは、下記の「注意事項」をご確認の上、ご利用ください。

 

 

注意事項

Get Adobe Readerのアイコン

PDFの閲覧について

PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。

最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

 

ダウンロードサービスに関わる損害の免責について

本サイトのサービスの利用、または利用できなかったことにより、万一損害(データの破損・業務の中断・営業情報の損失などによる損害を含む)が生じ、たとえそのような損害の発生や第三者からの賠償請求の可能性があることについて、あらかじめ知らされた場合でも、当施設は一切責任を負いませんことをご了承下さい。

 

 

 

 


篠栗町 歴史民俗資料室 〒811-2405 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4754番地 電話092-947-1790
※このサイトで公開されている画像、文章の無断転載を禁じます。資料や画像につきましては、歴史民俗資料室 学芸担当までお問い合わせください。
Copyright ©  篠栗町 歴史民俗資料室