ささぐり紀行

(第14回) 旧尾仲村西浦池掛用水路への水取り出し口の構造

記事No 00020

(第14回) 旧尾仲村西浦池掛用水路への水取り出し口の構造

若杉山と米の山に降った雨は、やがて若杉川の流れとなります。
江戸時代、この川の水は若杉村、尾仲村、乙犬村の水田をうるおし、その余水は新大間池に導かれ、現在の粕屋町などでも灌漑用水として利用されていました。
若杉川から新大間池までの水路や水門などの見取り図から、池と水路を結ぶ水の取り出し口の構造について、昔の人の知恵を学んでみましょう。

 

 

ささぐり紀行PDF版

ささぐり紀行の詳しい記事内容は、右のPDFファイルボタンからを無料でダウンロードいただけます。

本ダウンロードサービスは、下記の「注意事項」をご確認の上、ご利用ください。

 

 

注意事項

Get Adobe Readerのアイコン

PDFの閲覧について

PDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。

最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

 

ダウンロードサービスに関わる損害の免責について

本サイトのサービスの利用、または利用できなかったことにより、万一損害(データの破損・業務の中断・営業情報の損失などによる損害を含む)が生じ、たとえそのような損害の発生や第三者からの賠償請求の可能性があることについて、あらかじめ知らされた場合でも、当施設は一切責任を負いませんことをご了承下さい。

 

 

 

 


篠栗町 歴史民俗資料室 〒811-2405 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4754番地 電話092-947-1790
※このサイトで公開されている画像、文章の無断転載を禁じます。資料や画像につきましては、歴史民俗資料室 学芸担当までお問い合わせください。
Copyright ©  篠栗町 歴史民俗資料室