地域文化の情報発信基地として歴史、民俗、埋蔵文化財、古文書などの貴重な史・資料を収蔵、展示しています。

1階には町内の文化財調査や保護活動、啓発活動などを行う文化財事務所があります。

home_h3_info.png

2016.12.27 1月29日(日)にシンポジウムを開催します
篠栗町のクリエイト篠栗にて、「かすやのみち」をテーマに【発見!糟屋】シンポジウムを開催します。開催日時:2017年1月29日(日)13:00~16:30開催場所:クリエイト篠栗(篠栗町大字尾仲47-1)参加費:無料※事前の申込みは不要です。 参加ご希望の方は、開催当日、直接会場までお越しください(定員600名)古来より地域と人をつなぎ、文化と物を運ぶ「みち」が存在します。わたしたちが暮らす糟屋地区の「みち」として、・若杉山の山岳信仰と修験の道・神功皇后の足跡・阿恵遺跡と古代官道について、3人の講師の方々にお話しいただきます。さらに「糟屋をつなぐみち」をテーマに、パネルディスカッションを行います。歴史民俗資料室ほかで案内のチラシを配布中です。なおPDF版のチラシを、当サイト内『ささぐり紀行』に番外編として掲載しております。そちらもご覧ください。
2016.12.10 向ノ山経塚の経筒を見てみませんか?
1月更新の『ささぐり紀行』第31回では「金色のタイムカプセル(後編)」と題し、篠栗町の若杉地区で発見された向ノ山経塚について紹介しました。実物の経筒などは、歴史民俗資料室2階の常設展示室にまとめて展示しています。残念ながら経典は見つかっていませんが、ぜひこの機会に青銅製の経筒などをご覧になり、経塚を造った人たちの想いを感じてみませんか?

ささぐり紀行

2017.01.06 (第31回) 金色(こんじき)のタイムカプセル 後編
経塚と経筒について、今回の後編では、篠栗町の向ノ山で発見された経塚について解説したいと思います。
また、向ノ山経塚からの出土品一式は、歴史民俗資料室2階の常設展示室に展示中です。
2016.12.27 (番外編)【発見!糟屋】シンポジウムのご案内
「ささぐり紀行」番外編として、シンポジウムのご案内をいたします。
篠栗町のクリエイト篠栗にて、「かすやのみち」をテーマに【発見!糟屋】シンポジウムを開催します。

開催日時:2017年1月29日(日)13:00~16:30
開催場所:クリエイト篠栗(篠栗町大字尾仲47-1)
参加費:無料
※事前の申込みは不要です。
 参加ご希望の方は、開催当日、直接会場までお越しください(定員600名)

古来より地域と人をつなぎ、文化と物を運ぶ「みち」が存在します。
わたしたちが暮らす糟屋地区の「みち」として、
・若杉山の山岳信仰と修験の道
・神功皇后の足跡
・阿恵遺跡と古代官道
について、3人の講師の方々にお話しいただきます。
さらに「糟屋をつなぐみち」をテーマに、パネルディスカッションを行います。

詳しくはPDF版のチラシをご覧ください。
2016.12.10 (第30回) 金色(こんじき)のタイムカプセル 前編
日本各地には様々な遺跡がありますが、そんな古代の文物の中には、人の手により将来の目覚めを意図して埋められたものも存在します。
そのひとつに経塚(きょうづか)、経筒(きょうづつ)と呼ばれるものがあります。
前編では、経塚が造られるようになった背景について触れてみたいと思います。
次回の後編では、篠栗町の向ノ山で発見された経塚について解説します。
なお、向ノ山経塚からの出土品一式は、歴史民俗資料室2階の常設展示室に展示中です。

 

2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2017年02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

篠栗町 歴史民俗資料室 〒811-2405 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4754番地 電話092-947-1790
※このサイトで公開されている画像、文章の無断転載を禁じます。資料や画像につきましては、歴史民俗資料室 学芸担当までお問い合わせください。
Copyright ©  篠栗町 歴史民俗資料室